• ホーム
  • 間食にはアイス、食事には春雨でダイエットする

間食にはアイス、食事には春雨でダイエットする

2020年06月12日

ダイエットをすると食事に変化が起こるため、空腹を感じてストレスになり、余計に痩せにくい体質になることがあります。
それを防ぐためには、無理をしないことが大切です。
そこで、何か甘い物を食べたくなった時は、アイスを食べると良いです。
その中でもバニラアイスがダイエットをサポートします。

バニラアイスに含まれる動物性タンパク質は、消化や吸収をする過程で多くのエネルギーを消費します。
よって食べるだけで体内のエネルギーを使うため、食べても太らない間食ができます。
またバニラアイスの原料である牛乳は、栄養バランスが豊富です。
リバウンドにならないために、バランスの良い食生活を心がけると、食べる量や食材の種類が増えてカロリーをオーバーすることがあります。
しかし牛乳にはカルシウムやタンパク質、カリウム、ビタミン類を含んでいるため栄養不足を防ぐことができます。
さらにバニラの香りには、食欲を抑える効果があるので、少し食べるだけでも満足感を得られます。

アイスを選ぶ時は、乳脂肪分が12%以上のアイスクリームが良いです。
乳脂肪分が少ないとコクを出すために、砂糖や人工甘味料をたくさん使うためです。

次にダイエット中の食事は、春雨を基本にすると美味しく痩せられます。
春雨ダイエットではスープにして食べるのが主流で、夕食で主食を春雨スープにするだけでカロリーダウンできます。
春雨の主な原料は緑豆のデンプンで、炭水化物の一種ではありますが、カロリーが低くカルシウムやカリウムなどの栄養を含んでいます。
また春雨を使う料理には、多くの野菜を入れるためヘルシーな食事に改善されます。
ただし春雨には体を冷やす作用があるため、サラダに入れると代謝が落ちてしまいます。
よって温かい料理が適しています。